隠しカメラ

隠しカメラお支払&配送返品交換SHOP紹介FAQサポートカート

隠しカメラ

このページは「ちょっとした油断が危ない、車両盗難と車上荒らし 」の情報コンテンツです。
隠しカメラ > ちょっとした油断が危ない、車両盗難と車上荒らし

豆知識

ちょっとした油断が危ない、車両盗難と車上荒らし

車両盗難、車上荒らしの被害の多くは、オーナーの油断が要因となっています。特定の車が狙われるケースはそれほど多くはなく、ほとんどがちょっとした気の緩みが犯罪を招き入れてしまっています。

高い安いに関係なく車は狙われる

車を仕事で使っている方は多く、日常生活でも多くの人が車を必要としています。狭い日本ですが、車の数は非常に多く、犯罪者にとっては狙いやすいポイントです。また、自分の車は安いから狙われないだろう、と考えるのは大きな間違いです。車両盗難なら、盗んだ後にどこにさばくかによって、どんな車両も対象になりますし、車上荒らしについては、車種に関係なく被害に遭う可能性があります。

一瞬の気の緩みが命取りに

盗みの手口は様々ですが、車両盗難も車上荒らしも大げさにならない方法が多く、一瞬で犯行が行われます。人目があっても油断はできないのです。車両盗難の場合は、ちょっと自販機でたばこを、ちょとコンビニへ、というわずかな時間でもロックをしなかったり、キーをつけたままで車から離れると盗まれてしまいます。中には、わざと追突してドライバーを車から降ろして盗む、という手口もあります。

カーセキュリティシステムを装着していても安心はできません。仕組みが複雑なものでも、オーナー自身に解除させてしまえば意味がありません。わざとシステムを反応させてオーナーを駐車場まで何度も呼び出し、嫌になったオーナーがシステムをオフにするのを待っていたりするのです。

車上荒らしも多いのがロックをかけていない車で犯行を行うパターン。また、ガラスを割って盗むケースもよく見られます。どんなに短時間でも、車内にカバンなどをむき出しで置いておくのは危険です。

駐車場には危険がいっぱい

高速道路のサービスエリアやコンビニといったロックしない車がいそうな場所で、犯罪者は獲物が来るのを待っています。ちょうどいいターゲットが現れれば、車内の金目のものを一瞬で盗んでいってしまいます。短時間の駐車だからといって、油断しないことが大切です。一方で十分に下見をした上で、深夜にガレージでカーナビやホイールを盗むケースもあります。雨や風が強い夜は人通りも少なく、物音がかき消されるので、車上荒らしの被害が多いと言われます。

隠しカメラ 激安通販