隠しカメラ

隠しカメラお支払&配送返品交換SHOP紹介FAQサポートカート

隠しカメラ

このページは「盗聴から身を守ろう 」の情報コンテンツです。
隠しカメラ > 盗聴から身を守ろう

豆知識

簡単にできてしまう盗聴

盗聴器の小型化、進化により、盗聴の被害が増えています。また、その性質上、犯人が身内であることが多く、被害者にとって心理的なダメージも大きいのです。

盗聴器の代表的な2タイプ

盗聴器には代表的なものとして、ボックス型とコンセントタップ型の2タイプあります。ボックス型は乾電池で稼働するものです。コンパクトなので設置場所を選びませんが、目の届かない場所に隠して設置されます。乾電池式なので、定期的な電池交換が必要です。一方のコンセントタップ型は、コンセントから半永久的に電源を得ることができます。三又ソケットとしての機能を持っており、外見上怪しさはまったくわかりません。

盗聴器の機能

ボックス型やコンセントタップ型といった盗聴器は、発信器であり、電波を送信する側です。発信された電波を受信するための受信機も必ず必要です。受信機と言っても、普通のラジオでは受信することはできません。盗聴器と対になっている専用の受信機か、一般的に買うことができる広帯域受信機が必要になります。

盗聴器でできることはとてもシンプルで、音声をマイクで取得し、電波で送り出すだけです。それを受信機で受け取ります。音声の流れは必ず盗聴器から受信機という方向で一方通行で、盗聴器自体には特別な能力や機能は何もありません。

盗聴犯は関係者であることが多い

盗聴器自体はとても単純なもので、盗聴器の販売や購入、所持は違法ではないので、誰でも簡単に手に入れることができます。しかし、盗聴という犯罪には大きな壁があります。それはどうやって相手の近くに盗聴器を仕掛けるかです。マイクで音声を拾う盗聴器は、相手のそばに仕掛けないとまったく意味がありません。部屋の様子が知りたいのなら部屋の中に、会社での様子が知りたいなら、その人物が使っているデスクのそばに仕掛けます。

しかし、よくよく考えれば、赤の他人がそのような場所に仕掛けることは、極めて困難と言わざるを得ません。不法侵入を犯してまで、盗聴器を仕掛けるのはかなりリスキーです。実際、盗聴犯のほとんどが、家人や恋人など、部屋に出入りしても怪しまれない関係者なのです。

隠しカメラ 激安通販