会社のデスクに隠しカメラを設置して産業スパイ対策

 オフィス

Q 隠しカメラの隠し場所例

会社や事務所のデスクを監視する隠しカメラ

重要機密を取り扱う会社では、データの保管方法にかなり力を入れています。
例えばパソコンには、パスワードだけでなく生体認証を取り入れたり
エントランスにセキュリティカードを照らさないと入室できないような
設定になっていたり、入室管理時間もしっかりと裏で記録していたりします。
もちろん防犯カメラもしっかりと設置されていることが多いです。
ただし部屋の中には防犯カメラをあからさまに設置すると、
外部の警備員に社内の情報を知られてしまう危険性が高まるので
避けているとことが多いです。

そこで、情報漏えいがあった時のみ、調査名目で隠しカメラを
設置して様子を見る場合もあります。証拠を残さねばならないという点と
内々で処理するということから、周囲の社員の誰にも知られず、
仕事内容を記録できる隠しカメラがこういうときに役立ちます。
しかし盗聴にもあたる行為ですので、注意が必要ですね。

会社のデスクに設置するのに役立つのは、置き時計カメラや
ペン型カメラですね。広範囲の撮影が希望であれば、置き時計
カメラの広範レンズが採用されているタイプを用いると良いでしょう。

ご意見投稿お待ちしています!!