クール用品で節電するコツ

ソーラー発電

家庭でできる節電「クール用品で節電するコツ」

クールビズやウォームビズといった一般にも浸透した言葉がありますが、今では震災の影響や発電所の稼働問題もあり、節電に対する思いは今まで以上のものがあります。1つ1つは小さなことでも、積もり積もって私たちが意識を変えることで大きな力となるのではないでしょうか? では、家庭でできる節電にはどのようなものがあるでしょう?季節別でできる節電を考えてみましょう。

夏にできる節電

家電の工夫

夏に出来る節電として大きなものはやはり空調ですね。暑さにやられてついついクーラーを付けますが、その設定温度はいくつになっていますか?節電のオススメ温度は28度。冷房の1度の違いは大きな節電効果になるので「1度だけ下げて今日は27度にしよう」というのはNGです。もし、28度のクーラーで暑さを感じるようであれば温度を下げるのではなく扇風機を使いましょう。お部屋の空気を循環させる意味もありますが、体感として風を体に受けることで涼しく感じます。特に人間は自らの体温で自分の周りの空気を暖めているため、扇風機の風を冷たく感じやすいのですね。

クーラーの設定の工夫

また、冷房を除湿に変えるだけでも実は体感温度は変わります。というのも、湿度が高いと人間は暑く感じてしまいがち。夏に雨が降るとジメーッとして余計に暑く感じるのはそのためなのです。そこで、お部屋に除湿を行うだけでも体感温度が変わり、更には冷房よりもd掲題が安くなる場合があります。(お使いのエアコンによって変わります)クーラーに関しては更にもう一段階の節電対策として、フィルターを週に1回でもこまめに掃除すると設定温度が同じでもクーラー自身の効率がアップします。最近では、自分でお掃除してくれるタイプの空調もありますので、その場合は週に1回も掃除する必要はないかもしれませんが、夏の間に一度はフィルター様子を見てみることをお勧めします。

冬に出来る節電

冬に出来る節電もやはり空調が大きいですね。エアコンやファンヒーターを使わずに石油ストーブを使う、なんていうのも電気の消費量は抑えられそうですが、小さいお子様がいらっしゃるご家庭では危ないという心配ごともありますよね。そこで、エアコンの設定温度は20度を最大限として、フリースを重ね着するなど衣服で暖かさを保ちましょう。また、夏の除湿とは逆に乾燥しがちな冬には加湿することで体感温度を上げることが可能ですので、節電のために加湿器を用意するのもアリですね。その他の家電や節電としては冷蔵庫の設定温度を(中の食べ物が腐らないことを大前提としつつ)弱にしてみる。温水便座などの冬特有の電化製品の設定を弱くしておく、というのも小さいながらも積み重ねの節電対策になりますね。

ご意見投稿お待ちしています!!