隠しカメラ

隠しカメラお支払&配送返品交換SHOP紹介FAQサポートカート

隠しカメラ

このページは「太陽光発電の効果について 」の情報コンテンツです。
隠しカメラ > 太陽光発電の効果について

豆知識

太陽光発電の効果について

国からの補助金などを利用してご自宅を建てた際に付けられた方も多い太陽光発電。余った電気は電力会社へ売ることができるなどメリットが非常に大きいように感じる太陽光発電ですが、実際のところはどうなのでしょうか?

太陽光発電のメリット

消費電力合計を抑えられる

太陽光発電はご存じの通り、太陽の光を使って電気を生み出すものです。一番のメリットは晴れている日には太陽光発電によって生まれた電気を使い、電力会社の電気を使わないことで電気代を抑えることができる点。また、これは意外にご存じでない方が多いのですが、電気は使えば使うほど単価が上がってしまいます。

つまり、仮に今まで500Wの利用で100円だったものが、消費電力合計が多くなって値上げ率が上がってしまうと500W利用で120円必要になる、というような状態。発電設備が自宅にあれば電力会社から供給される電気の消費電力合計も減らすことができて、結果的にかなり電気料金を抑えることができる場合があります。

余った電気は売れる

太陽光発電で作り出した電気は、ご自宅で消費せずに余っていれば売ることが出来ます。太陽光発電がないお家では、電気を使わなければ電気料金を抑えるだけですが、太陽光発電があれば料金を抑えつつ、余らせて売ることもできるので、節電への意識もより一層高まることでしょう。

太陽光発電のデメリット

初期コストがかかる

これはどうしても仕方がないことではありますが、太陽光発電をご自宅に付けようと思うとその分設備費が必要となります。長く使えば結果的に元を取るどころか、電気を売ってもうけになるかもしれませんが、やはりこの初期コストが大きくなるというのがなかなか高いハードルになっている方も多いようです。

昼間のお天気の日にしか使えない

当たり前といえば当たり前ですが、太陽光発電は太陽の光を使うため、お天気の昼間にしか発電ができません。例えば、雪国の場合はその日がお天気であっても、前日の積雪で太陽光パネルがさえぎられて発電ができない、なんてこともありますし、地域的に雨が多い場所ではなかなか発電を行う機会が少なくなります。場所柄的に設置すべきかどうか、というのも太陽光発電を取り入れるかどうかのポイントになりそうです。

広い場所が必要

太陽光発電は発電の効率は低いほうであるため、太陽の光を出来るだけ集められる広い場所が必要となります。ご家庭で太陽光発電を取り入れる際は屋根に付ける場合が多いのですが、あれは日照をより多く取り入れられる上、広い場所を確保できるというメリットがあります。これは、言い換えてしまえば土地が狭くて3階建てのように縦に長いご自宅を建てた際には、太陽光パネルを設置するにも場所が狭くてあまり効果が期待できない、となってしまうのですね。

隠しカメラ 激安通販